市民向け事業

野鳥観察会

自然環境への関心と環境保全に対する意識を高めてもらうことを目的として、市内の探鳥会や大学の野鳥研究会の協力を得て野鳥観察会を実施しています。

※令和2、3年度についてはコロナ等の影響から中止しています。
 また、平成30年度については降雪の影響から中止しています。

事業時期

1月中旬から2月上旬

事業時期

県立相模原公園・相模原沈殿池周辺や道保川公園等にて、初心者を対象とした野鳥観察の基礎講習会のあと、観察場所に移動して、さえずりや個体の特徴についての説明を聞きながら大小さまざまな野鳥を観察します。例年たくさんのご応募があり、野鳥観察に関心のある参加者の皆様に好評をいただいております。

(※事業内容は年度によって変更することがあります。)

過去の実施結果

年度 実施日 参加人数 会場 講師
令和元年度 2月8日 32名 県立相模原公園、
相模原沈殿池周辺
麻布大学野鳥研究部
平成29年度 2月10日 40名 道保川公園周辺 麻布大学野鳥研究部