相模原の環境をよくする会 済んだ水あふれる緑青い空 みんなで築こう相模原

調査活動

Project

河川生物相調査

 河川浄化活動の一環として、当会の前身である「河川をきれいにする協議会」によって昭和51年より始まったものであった。
当初は、境川5地点で調査を行ったが、以後調査地点の変遷や部員の交代を経ながら調査が進められ、平成元年より現在まで5月と10月の年2回、市内6河川9地点の調査が定着している。
調査方法は、当生物相調査部会が編集した「水生生物による河川の水質判定の手引書」(相模原の環境をよくする会) 発行 平成6年3月 に拠っている。
これは、河川の汚濁の進行に応じて水生生物の生息範囲が限られてくることを利用した生物学的な水質調査です。
相模原の河川に生息する水生生物のいくつかを指標生物として設定し、この生物の生息の有無、採取量によってその場所の水質を階級区分し、水質の汚染度を測るものである。
調査する指標生物は、川に生息する生物のうち、比較的移動性の少ない底生動物、サワガニ、トビケラ、ヒル、イトミミズなどの28種類の生物を使用している。
調査開始当時は、家庭排水などによる汚染がひどかった境川(上中村橋地点)も、近年の環境保全意識の高まりや、平成7年度の調査には公共下水道の普及による水質改善の効果が考察されたものの、その後は横ばいで推移している。
本会は、河川に生息している生物の種類や個体数などを調査することにより、市内の河川の水質を30年以上にわたり経年的に観察してきた。


PDF
[河川生物相調査結果報告]
ダウンロード

年度 実施日 場所
平成24 6/6 市内6河川9地点
10/10 市内6河川9地点
平成25 6/7 市内6河川9地点
10/11 市内6河川9地点
平成26 5/30 市内6河川9地点
10/10 市内6河川9地点
平成27 5/27 市内6河川9地点
10/23 市内6河川9地点
平成28 5/27 市内6河川9地点
10/11 市内6河川9地点
平成29 5/23 市内6河川9地点
10/13 市内6河川9地点
平成30 5/22 市内6河川9地点



戻る

このページのトップへ

Copyright © 相模原の環境をよくする会. All rights reserved.